コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習記・雑記

情熱大陸・反田恭平

投稿日:10月 4, 2016 更新日:

公式サイト

10月2日放送に放送された情熱大陸。

若き天才ピアニスト・反田恭平さんでしたね。

思わず魅入ってしまいました。

 

悲愴/月光/熱情~リサイタル・ピース第2集 [ 反田恭平 ]

価格:3,240円
(2018/9/30 11:54時点)
感想(0件)

 

自信に溢れている。

と言う表現だけでは何か違和感があり、反田恭平さんの人を惹き付ける魅力は何なのだろうとしばらく考えてしまいました。

多分、あのストイックさに全てが裏打ちされているのではないかと思います。

 

 

「弾く」事を物凄くストイックに追求する姿勢が、自分の中の判断基準を絶対的に信じられる所以なのかな。

 

お金持ちの坊ちゃんだったり、

幼い頃から英才教育を施して貰っていたり、

そういう世界でしか花開かないものと思っていた常識を覆すような、

その不朽、不屈な精神がとってもとっても素敵だなと思いました^^

 

 

娘も一緒にこの番組を観ていたのですが、練習の果てしなさにげんなり気味の娘に、良い刺激を与えてくれたのではないかなと思います。

 

 

 

Sponsored Link



 

余談ですが、番組中に出てきた「浜離宮朝日ホール」。

グレンツェンピアノコンクールでは結構な頻度でそこを使う事が多い私達。

 

私は普段はロビーで娘を見送って客席に着くだけなので、舞台裏を見た事がありませんでした。

今回この番組で舞台袖の雰囲気、舞台に立ってから客席を見渡すあの感覚を追体験出来たのが非常に嬉しかったです。

 

娘も舞台の袖に立っている時を思い出して、

「そうそう、こんな感じだったよ」

「このモニター、気になってすっごいみちゃったんだ」

など色々教えてくれました。

 

天才ピアニストと同じピアノを触れるなんて、本当に贅沢ですね^^

その素晴らしさ、改めて感じてくれたら良いと思います。

楽しい番組でした♪

 

 
 

 

-練習記・雑記
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中学校入学とピアノ練習

4月から中学生になりました。 娘は公立中に進学したわけなんですけれども、それでも小学校の比ではない位の勉強量があるのを痛感しています。 難しいのが家でのピアノの練習時間。 勉強時間とピアノの練習時間、 …

物凄く悲惨

ピアノレッスン録。     やばいなーとは思っていたのですよね。 実はゴールデンウィーク前、娘が練習をことごとくさぼり。。。   普段学校から帰宅してから一人で音を探るな …

正論と矛盾の間

発表会まで後2週間です。   ここ数週間、まともに娘のピアノに付き合ってませんでした。 実はこれには思惑があったんです。   娘は、基本的にいつも私任せで練習をしています。 100 …

コンクール見学

次回出る予定のコンクールの見学に行って来ました。 娘はグレンツェンピアノコンクールにしか出たことがなく、従って浜離宮朝日ホールでしか弾いたことがない。 「コンクール=浜離宮朝日ホール」 というイコール …

譜読み進度

譜読みを開始したのが8月23日頃の事です。   現在、大体の出来で言うと第一楽章が弾ける程度のレベル。 3週間で楽譜4ページ分。 ただ弾くだけに留まり、表現その他は全く手付かず状態。 これは …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。