コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習記・雑記

頑張る週

投稿日:4月 25, 2017 更新日:

娘のピアノレッスン録。

 

 

ハノン4回目。

落ちる。。。。

 

1週レッスンがお休みになり、その間いい加減にやり過ぎてレッスン前2日位に、

「ちゃんとやりなさいよ。どれが正しいリズムなの? 」

と聞くも、本人にさえわからず。。。

 

あんたがわからなくなったらお手上げじゃないか!!!!

 

って事で落ちる。。。

リズムがわからなくなっているのだから落ちるのはわかっていたけど、こうも立て続けに落ちるとイラッとしますね。

 

本気でやれぃ!

 

 

ソルフェは今週は忘れずに持参したがやらず。。。

時間がなかったのかな?

仕方ない。

答え合わせが保留になると娘がその曲を忘れてしまいそうでハラハラします・苦笑。

 

 

Sponsored Link



 

さてピティナの課題曲。

 

バロックの課題曲を貰う。

先生が一通り弾いてくれた模様。

 

同時に「参考になれば」と過去の生徒さんの講評を見せて頂いた。

どんな風に講評に書かれるのかを参考に、何を気をつけるのかを考えろという事なのだと思う。

 

ってか審査員の先生沢山い過ぎ!!

講評の枚数が多くてびっくりしました。

今までは3人位? だった気がする。。。

 

娘に合格ラインの大体の点数を教えてくれ、軽くシステムを説明してくれました。

そこに乗せるにはどうしたらいいかを考えながら1つ1つの課題をクリアしていって欲しいとの事なのだろうと思う。

 

これは娘の性分だと思うので、きっと人生の課題になるだろうが、娘は極度の緊張しいである。

 

グレンツェンに挑んだ事で多少なりとも緩和され、発表会のような気楽なものは「緊張しなくなった」とは言っているし、多少なりとも改善しているような感じは見受けられる。

 

が、ブルグミュラーコンクールの時は一気に逆戻りしたかのような演奏が目立った。

予選でもファイナルでも硬さが抜けず、呑まれているというのが舞台の下で見ている私にもわかる程だった。

 

昔の彼女ならそこで曲を止めてしまったり、うまく弾けない所で失速し、どんどんダメになっていくと思うのでその辺は成長したのだろうけど、それでも上手いなぁと思える子との演奏とはかけ離れてしまう。

 

練習でそこそこの表現が出来ていても、舞台の上で審査されると思うと指も身体も強張ってしまうらしい。

とてもよくわかるけどね、その気持ち。

 

親から見れば、失敗しても良いから、自分らしい曲を披露出来る。

そういう奏者になって貰いたい。

 

そんなわけで、今まで

「通過せねば! 」

と言う気持ちばかりが先行した結果なのかもしれないと、今回は

「どうせ通るわけないんだから、思い切り自分の演奏を披露出来るかどうかに照準を合わせよう」

というアプローチで挑んでいる。

 

「どうせ通るわけない」

これは本当に私がそう思って諦めているわけでも、娘の力量を蔑んでいるわけでもなく、期待値を下げているアピールをする事で本人の気負いをなくす為に敢えて言っている。

 

「自分が納得出来る素晴らしい演奏が出来て、それで通過もしたら素敵だね」

というスタンス。

 

なんか長くなったけど、やっとここまで来た感じがします。

 

Sponsored Link


 

 

そんなわけで、聞いてもらった近現代。

 

両手を合わせて弾けるようになってから初めてのレッスン。

和音が揃っていないのと、でかくなっていると指摘。

数箇所、拍子感がなくなっているのを指摘される。

後は致命的にもまだ音間違いがあった。

これは本気で気をつけねば。。。

っても親はなかなか気付けないのだけどね・・・涙。

 

とりま弾けるようにはなったので、部分でばらして和音をよく聞いて入れる練習と、粒を揃える練習。

メトロノームを使っての拍子練習を繰り返す1週間になりそうです。

 

そしてまだ表現記号を覚え切れてないので、その箇所をどう演奏するのが良いか、親子で話し合えればなぁと思っている。

 

あ、後は今まで全くペダルを踏んでいなかったので、

「ペダルを入れたらどうかな? 」

と言われたらしいです。

 

確かに音がブチッと切れる部分が数箇所あり、私が指摘すると、

「だってここペダルだもん」

と言い返される事数回。

 

ペダルだろうとペダルじゃなかろうと指で表現するのは大前提だけど、それでもペダルが入った方が綺麗なら入れた方がいいと思うんだよね。

でもこの曲は沢山ペダルがあるのだけど、全部を入れてしまって良いのだろうか??

 

娘に聞いたら

「そこまでは聞いてない」

と言うので、とりあえず必要最低限と思う所だけ考えて娘に入れさせる。

 

来週全部入れたら良いか、ここだけで良いか先生と話して貰う事にします。

そろそろビデオ持参かな??

 

来週のレッスンが終われば、ゴールデンウィークが重なってまたレッスンが1週お休みになってしまう。

 

ここまでにせめてバロックの右手が全部弾ける様になって先生に音と指間違いが直して貰えますように!

今週はちょっと詰めて頑張る週になりそうです。

 

 

 

 

楽天ルームを開設しました♪

自分が実際に使って「良い!! 」と思ったものを紹介しています^^ ↓

シングルマザーブロガーRoroのROOM – my favorites, my shop 好きなモノを集めてお店を作る

 

 

-練習記・雑記
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンクールまであとちょっと!

先日、ブルグミュラーコンクール地区大会の参加票が送信されてきて、その件で先生にラインしました。 先週は祝日に被っていたのでレッスンはお休み。 前回のレッスンから14日間を空けて最後のレッスンをしたら、 …

譜読み進度

譜読みを開始したのが8月23日頃の事です。   現在、大体の出来で言うと第一楽章が弾ける程度のレベル。 3週間で楽譜4ページ分。 ただ弾くだけに留まり、表現その他は全く手付かず状態。 これは …

ピティナのこと

先週は第2楽章は表現が付き始めたかなと言う所でしたが、第3楽章も譜読みを始めて下さいとお達しが! 順調なようで何よりです♪     今週頑張れば第2楽章は3回で終わらせる事が出来る …

no image

忘れる

先日、年明け一発目のピアノレッスンでした。     先生からの年賀状には、 「からだを使った表現が出来るようになってきたね。今年も楽しみだよ」 というコメントを頂け、新年早々親子で …

ハイドンのソナタとクレメンティのソナチネ

入賞者記念コンサートが12月の中旬に終わって、全てが終了した娘。   コンサート会場で先生と、 「次はどうするか? 」 のざっとした方針の話し合いになり、とりあえず夏のピティナ以来ずっとやり …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。