コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習記・雑記

譜読み進度

投稿日:9月 14, 2017 更新日:

譜読みを開始したのが8月23日頃の事です。

 

現在、大体の出来で言うと第一楽章が弾ける程度のレベル。

3週間で楽譜4ページ分。

ただ弾くだけに留まり、表現その他は全く手付かず状態。

これは一般的に見て遅いのだろうか。。。

 

折りしも今やっているのはピティナD級の課題曲にもなった事のある曲。

ピティナは3月1日に課題曲が発表されるから、これがコンクール参戦の課題曲だとすると娘は1曲の譜読みのみの段階でもう3月の末になってしまう計算です。。。

もう1曲をどれにするかにもよるでしょうが、6月の予選にもっていくとなるともう少し早めに仕上がっていたいかなと親は思うんだけど、周囲はどんな感じなのでしょう?

しかもその頃きっと娘は中学生になっているし、4月に入ればきっと色々忙しくもなってくるでしょうし。。。。

 

まぁ、本人は来年度はピティナは受ける意思がないと言っているので杞憂なんですけどね。

でもやっぱり、せっかくやるなら色々実入りが多い方が良いかなと親としては思います><

 

Sponsored Link


まぁ、そんなわけで第一楽章の終わりが見えました。

ここまでで模範演奏を聞いていると大体5分半。

私は11ページ分の楽譜全部弾き切って5分半だと思ってたんだけど、4ページ弾いて5分半もかかるの!?

入賞者記念コンサートは入退場含めて8分!

これ、全楽章弾いたら軽くオーバーするんじゃない??

 

って事で娘に、

「来週先生に確認して来て」

って言いました。

 

その答えが、

「第2楽章はやらないって。やったとしても1と3」

とのこと。

 

なに、「やったとしても」って。

やるの? やらないの?

そう聞いてみても娘は首を傾げるばかり。

 

娘「できればやるってことじゃない? 」

私「いや、それはあなたのスキル的な問題なの? それとも時間内に収め切れたらってことなの? 」

娘「多分スキルの問題」

私「できるの? 」

娘「わかんない」(もう自分の世界に入ってて、私の話し全然聞いてない)

 

なんだか雲を掴むような会話で要領を得ず、何ともモヤモヤします。。。orz

試しに第3楽章の模範演奏を聞いてみましたが、こっちも長いのです。

4分半? とかそん位。

しかも多分娘、元々指が遅いのでインテンポまで仕上がらないんじゃないかな・・・。

 

 

・・・ムリじゃない?

 

先生的には

「多分時間的には大丈夫だと思う」

と言っていたと娘は言うのですけど・・・orz

 

何事もハッキリ物事がわかっていないと気持ちが収まらない私。

「8分」と言われるとその中に何が何でも収めなくちゃ!!! と思ってしまう。

 

が、先生はその辺比較的ゆるい。

「まー、なんとかなるでしょ」

って感覚。

娘に近い・笑。

 

 

あくせく心配するのは私だけなんだろうなー・・・。

 

Sponsored Link


しかも第3楽章は早いんです。

娘に大丈夫かと聞いたら、

「うん、先生も早いから大変だって言ってた」

で終了!

 

「やる」「やらない」にしても先生も娘もどっちも明言しない。

なんなんだろう、この感覚的な人間たちは・・・orz

 

白黒ハッキリさせたい私だけが一人で浮くばかりです。。。。

 

 

でもまぁ入賞者記念コンサートはさておき、発表会に制限時間はありません。

第3楽章まではきっといけないような気がするけど、出来るだけ頑張って貰いたいなとは思っています。

 

 

しかし、ソナタは本当に難しいですね><

指がもつれるのか、娘もイライラ指数MAXで弾いています。

 

「もう! 」

とか言いながら鍵盤叩く事しばしば。。。

 

わかるけどね。。。

 

「やりたくないなー」

とか言いながら渋々イスに座る。

 

わかるけどね。。。

 

でもそういうネガティブ発言の連発が起きると、こっちにまでイライラが伝染してしまうんです><

 

「イヤならやめなさい! 」

って言いたくなってしまう。。。(てかたまに言っちゃう)

 

やりたいけど、やりたくない。

その葛藤する気持ち、大人にもないわけじゃないのですが・・・。

わかってあげられる言動を示せない自分に自己嫌悪です。

 

 

早く譜読み終わらないかなー。。。

そんな悶々とする2週間でした。

 

 

 

 

-練習記・雑記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先生の品格

ピアノの先生のお話です。   娘は某大手音楽教室に在籍しています。 入ったのは5歳、年中。 2年間そこの「幼児科」に属し、その科を終了した時に次のステップには進まず、その音楽教室の個人レッス …

練習録・その①

ブルグミュラーコンクール予選後、初レッスン。   個評を見た先生が言ったのは、 「(指摘を受けている所は)全部先生が言っている事だったね」 との事だったそうです。   えぇ、そうで …

クラビノーバが壊れた! そして修理、、、

先日買ったばかりのクラビノーバ685。 「ラ」の鍵盤の戻りが微妙に悪くなり、修理を要請いたしました。     「私の弾き方が悪かったのかな? 」 娘はしょんぼり。   い …

物凄く悲惨

ピアノレッスン録。     やばいなーとは思っていたのですよね。 実はゴールデンウィーク前、娘が練習をことごとくさぼり。。。   普段学校から帰宅してから一人で音を探るな …

入賞者記念コンサート

先日はピティナの入賞者記念コンサートでした。 娘にとって2017年最後の舞台になります。     曲目は発表会と同じ。 彼女なりにやり切った舞台になりました^^ 欲を言えばキリがな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。