コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

コンペ素人がぶつかる壁

追加レッスンはおいくらですか

投稿日:

娘は某大手ピアノ教室のグループレッスンからピアノを始めました。

2年間ほどそこで仲睦まじく音楽の楽しさを学んでから、小学校1年生の時に今の先生の個人レッスンに切り替えました。

 

その先生は同じ某大手ピアノ教室に属する先生で、その大手ピアノ教室のシステムの下、「先生」と「生徒」と言う関係を今も尚続けています。

レッスンは週に1回、
(年間40回程度と決められているので休みが入ることもままあります)
1レッスンは30分。

個人のグレードに応じて、つまり技術レベルによって料金設定が異なるようでしたが、かれこれ6年以上のお付き合いの中、値上がりしたのは1回のみです。
現状、まだ1万円いかない程度のお月謝で面倒を見てもらっています。

 

値上げは小学校2年生の頃に言い出され、何も気付かずに図々しくて申し訳なかった事を詫びたら、

「本来、こちらが言うものですので言われない限りは良いのですよ」

と慰めて頂きました。

そんな経緯を持っています。

 

 

Sponsored Link


 

さぁ、ここからが本題です。

時々、コンクール前に

「来週から(通常30分レッスンの所を)1時間レッスンにしても良いですか? 」

と先生から言われる事があります。

 

先生曰く、追加レッスンは

「コンペまでもう日がないから」

と追い込み練習的な意味合いを含んでいるらしいのです。

 

言われる時は確かに日がない時が多いです。

勿論家で出来る事は頑張っているつもりですが、いかんせん素人ママの耳ではこれで良いか悪いかさえ判別が出来ない有様><。

どうしたって限界があります。

 

 

なので、その申し出。

とてもありがたいのですが、私は一体どうして良いのか判断に困ることが多々あります。

 

なぜなら、先生がそう申し出てくれる際、具体的な「追加料金」と言う言葉は一切出てこないのです。

 

レッスン料は某大手ピアノ教室へ毎月引き落としで行っています。

そこから施設使用料を引かれて先生の元へ入る仕組みなのでレッスン時間を引き延ばしてもその金額が変わることはなく、そのままだと追加レッスンをしてもその金額が変わることはありません。

 

ハッキリ料金設定があればわかりやすいし、

「1回追加なので○円です」

と言われたら明確ですが我が家は特にそういう言もなく、こちらが勝手に包む場合は一体どれ程包めば良いのだろう??? と悩みました。

 

低過ぎても先生の力量をバカにしているみたいで失礼な気がするし、こっちで勝手に料金設定を考えると色々深く考え過ぎてしまい、悶々としてしまいました。

 

 

Sponsored Link


 

結局我が家がどうしたかと言うと、コンクールが終わった後、謝礼に1か月分のレッスン料を上乗せして包んでお渡ししました。

 

 

ところが、先生からは

「貰い過ぎです。頑張ったのは娘ちゃんなので、私はその頑張りが見れただけで十分です。お返しいたしますので娘ちゃんの為に遣ってあげて下さい」

と言われてしまいました。

 

ようはそういう事なのかもしれません。

気持ちと気持ちのやり取り。

謝礼が心の尺度ととれる場合もありますので最大限誠意を見せる必要はありますが、一番大切なのはコンクールに真剣に挑む気持ちを見せること。

それが最大の謝礼なのかなと気づきました。

 

以来、コンクールに挑むと決めた時は一生懸命に取り組めるかどうか、を重要視するようになりました。

謝礼は勿論お渡ししますが、一生懸命な姿勢を見せられるかどうか、そこをポイントに今日も娘は練習しています^^

 

 

 

 

-コンペ素人がぶつかる壁
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンペ? 何それおいしいの? ってか、結局なんなの?

コンクール、又の名をコンペディション。 略してコンペ。 ピアノって「発表会」と銘打ったお教室での披露の場だけかと思いきや、演奏したものをピアノを専門に生きてきた先生方に評価して貰い、点数をつける場があ …

How to try コンペディション! 何から始めればいいの?

さて、ピアノのコンクールと言うものが何かはわかったと思います。 (わかってない人はコチラ)   やらせてみたいんだけど、何から始めればいいの???? 今日はそんな方の為の記事になります。 & …

侮ることなかれ! コンペにおける足台選び

娘がコンクールに参戦し始めたのが小3の時。 娘は年齢的には平均的な身長と体重ではあったけれども、それでもまだピアノのイスに座ると若干足元が不安定でした。   まだ小さいし、まぁ、そういうもん …

コンペに挑む子は、みんな生ピアノか?

ピアノを習うご家庭の永遠のテーマですね。 家に置くピアノ問題。 ピアノのお教室の先生は、ほとんど口を揃えて言うと思います。 「生ピアノが良いです」 と。     わかってますわかっ …

コンクールに出る意義とやらはあるのかい

我が子、ピアニストを目指した事は一度もありません。 音大に行きたいと言われた事もないし、留学をしたいと言われた事もありません。   「ピアノでお仕事をしていきたいとは思わないの? 」 と過去 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。