コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習記・雑記

ピアノについての娘のコレカラ

投稿日:

昨年12月にピティナ・ピアノコンペティションの入賞者記念コンサートを終えた娘。

あれよあれよと言う間にそこから4ヶ月が経過してしまいました。

今の娘は毎週のレッスンに勤しんでいる状態。

何も取り立てて挑むもののない日常です。

 

 

そして4月。

娘は中学生になりました^^

 

昨年の夏以降、

「もうコンクールには出ない」

と言ってみたり、そうかと思えば、

「次のコンクールでは・・・」

みたいな話をしてきたり。

 

結局狙いは定まっていません。

宙ぶらりんのまま今に至ります。

 

Sponsored Link


 

 

ただ、

「今年はピティナには出ない」

と言うのは明確な意思表示をしてきました・笑。

初めての参戦がよっぽど大変だったからでしょうか・笑。

 

とりあえず中学校生活に慣れるまでは何かを頑張ったりエネルギーを費やしたりする事が出来ないとの事です。

元より不器用な娘なので、その辺はなんとなく納得しちゃいました。

まずは中学校に慣れてくれたらいいなと思います。

 

レッスンの時間も少し遅い時間にずれました。

小学生タイムから、中学生タイムへと移行したと言う感じです。

 

 

ちなみにピティナについて先生から特別何かお声かけを頂いたりもしませんでした。

D級はレベル的にも娘にはやや分不相応なのかもしれないなぁー・・・と思われているのかな。

まぁ、実力不足なのは今までもこれからも本当そうなんですけどね><

基礎らしい基礎や楽典理解をほっとんどやってきていない娘ですから。

 

 

ただ、じゃぁピアノはもういいのか?

と問われると、「否」。

「ピアノはこれからも一生懸命やり続けたい」

との事。

 

よくわからないですが、娘が決めた事なので素直に見守ろうと思います。

 

 

 

さて。

12月のコンサート後からクレメンティのソナチネ9番第一楽章とハイドンのソナタ37番ニ長調第一楽章を始め、ソナチネは約一ヶ月で合格。

ところがどっこい、ソナタが長かった><

4月一週目のレッスンでやっと合格を頂きました。

 

実に4ヶ月以上!

 

実はこの曲、去年のC級の課題曲の中にも入っているんですよね。

そこでその曲を知って娘が気に入ったので弾いてみたいと言ったんです。

 

コンクールをこの曲で選曲する子は同じような期間をかけてコンクールレベルにまで仕上げ、更にもう一極の課題曲もこなしていくと言う難易度・・・。

改めてレベルの高さが伺えました。

良く予選通過したな。。。。

 

Sponsored Link


今後はベートーベンのピアノソナタ悲愴をやるそうです。

先生が昨年の発表会で推してくれた曲でしたが、入賞者記念コンサートに出るならとモーツァルトのソナタに変えたのでそのままになっていた楽譜を引っ張り出してきた娘。

四苦八苦して譜読みをしています。

 

単純そうに見えるのに、じれったそうにイヤイヤやってます・苦笑。

 

 

後は、ワルツ系が苦手でしょうと先生に指摘され、

「何かワルツをやってみない? 」

と尋ねられたんだとか。

 

「だったら華麗なる大演舞曲がいい! 」

と言ったのですが、

「あれはワルツの中でも一番難しいから、まずは子犬のワルツ辺りからやってみたらどう・笑」

と敢え無く却下された模様です・笑。

 

 

子犬のワルツ。

テンポがよくわからなくて苦手です・・・><

 

「苦手でしょ」

と先生にも言われたと言っていました・苦笑。

 

 

そんなこんなの今後の指針は全くわからないまま中学生編のスタートになってしまいましたが、夏以降はもしも手ごろなコンクールがあれば出たいとは言っているので、コツコツ練習を続けていって貰おうかなと思っています。

 

引き続きコンクールの私なりのハウツーはまとめて行くし、娘の練習録なんかもここに記せたらいいなと思っています♪

 

 

 

 

-練習記・雑記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物凄く悲惨

ピアノレッスン録。     やばいなーとは思っていたのですよね。 実はゴールデンウィーク前、娘が練習をことごとくさぼり。。。   普段学校から帰宅してから一人で音を探るな …

やりたくないなら辞めればいい

今日は娘のピアノの話です。   先日ブルグミュラーコンクールを終えて、やっとコンクール曲から解放された娘。   かと思いきや、実はそうじゃないんですよね。 先生はあまり良い顔をしな …

褒めて貰った♪

ピアノレッスン録。     ハノン5回目。 ようやく合格。   長い道のりだったわ。 全部で4パターンかな? 全部合格したとのことで、新しい音になりました。   …

練習録・その①

ブルグミュラーコンクール予選後、初レッスン。   個評を見た先生が言ったのは、 「(指摘を受けている所は)全部先生が言っている事だったね」 との事だったそうです。   えぇ、そうで …

ハイドンのソナタとクレメンティのソナチネ

入賞者記念コンサートが12月の中旬に終わって、全てが終了した娘。   コンサート会場で先生と、 「次はどうするか? 」 のざっとした方針の話し合いになり、とりあえず夏のピティナ以来ずっとやり …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。