コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習記・雑記

中学校入学とピアノ練習

投稿日:4月 30, 2018 更新日:

4月から中学生になりました。

娘は公立中に進学したわけなんですけれども、それでも小学校の比ではない位の勉強量があるのを痛感しています。

難しいのが家でのピアノの練習時間。

勉強時間とピアノの練習時間、今まではピアノの練習時間を優先して確保してきましたが、これからはそうもいかないでしょう??

目標は両立出来る事なんですけど、どうもマイペースな娘はその「両立」と言う言葉がイマイチ理解出来ないようで・笑。

日々叱咤激励されているのでありました。

 

 

Sponsored Link


娘のタイムスケジュール

朝は6時に起き、身支度、学校へ行く準備。

その後、余裕があればハノンと少しレッスン曲を触ってから行きます。

勉強がガッツリ遅れている日はそちらになってしまうけど・苦笑。

大体平均で15分~30分位時間を取ります。

 

そして学校。

 

帰宅は部活がある日が18時半~19時、ない日が16時頃。

習い事はピアノ以外全て辞めてしまったので、そこからは終日フリータイムです。

部活のない日はそこから宿題と勉強が出来ますが、部活がある日はそのままご飯と言う流れですね。

 

部活のない日はご飯を食べた後ピアノの練習。

部活のある日はピアノの練習時間もあまり取る事が出来ません><

幸い娘は週2の比較的活動日の少ない部活をチョイスしました。

おかげで週3は朝と合わせて1時間半~2時間の練習時間を取る事が出来ています。

部活のある日は・・・もうしょうがない><

1時間の練習時間が確保出来ればまずまず、と言った所でしょうか。

 

目標は定期テスト前も同じスタンスで行くことです。

勉強は勉強、ピアノはピアノ。

同じルールの中でお互いを犠牲にすることなくうまくやり切ってくれたら良いなと言うのが私の希望です。

 

 

娘の練習進度

 

先々週、やっとこさハイドンのソナタ37番ニ長調第一楽章が合格しました。

いやしかし、本当に難しいですね><

スキル不足もさることながら、曲への愛情と言うか、上手に弾きたいと言う思いをあまり感じない・苦笑。

 

でも結局、その強い想いがあれば上手く弾けるのかって聞かれるとそれだけじゃやっぱり難しいとは思うのでその愛情で一生懸命日々練習するから上手に弾けると言う事なのかなと言う結論に至りました。

とりあえず、まだまだですね、我が子。。。

 

そして次はと言えば、ベートーベンの悲愴。

有名な第二楽章。

去年発表会の曲はこれが良いのではないかと先生に言われていた候補の中の1つです。

 

これ、またまた聞いている側にはそこまで難しそうには聞こえないのですが、弾いている側はめっちゃ難しいんですね。

譜読みしている時に、

「最初は両手でやらないんだよ」

と言ったら、

「やってないよ! 怒」

と言い返されてしまいました・苦笑。

 

私が両手で弾いていると思っていたメロディが実は右手オンリーで弾いていたものでした!!!

素人はコレだからだめですね・苦笑。

 

ただ今3週目に入った辺りで、やっとこすっとこ両手で曲らしく弾けるようになってきた所です。

のろまな亀さんですけど、少しずつ頑張ってくれたら良いなと思います^^

 

 

それから、同時に子犬のワルツの楽譜も貰ったので少しずつ弾き始めました。

こちらは特にレッスン曲と言うわけではなさそうなんですけど、

「こういうの、苦手でしょ」

と先生に言われたそうで・苦笑。

 

なので、譜読みが終わったら一度先生に見てもらおうかなと思っています。

先生のおっしゃる通りで、なかなか子犬のくるくるした真ん丸い形に仕上がりません・・・orz

カクカクしちゃうんですよね。

目下の課題はそこです。

 

 

 

Sponsored Link


まとめ

娘の現状はそんな感じです。

学校の部活と勉強と上手く両立して今後も継続して行ってくれたらなと思っています♪

 

 

 

 

 

楽天ルームを開設しました♪

自分が実際に使って「良い!! 」と思ったものを紹介しています^^ ↓

シングルマザーブロガーRoroのROOM – my favorites, my shop 好きなモノを集めてお店を作る

 

 

-練習記・雑記
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

練習録・その①

ブルグミュラーコンクール予選後、初レッスン。   個評を見た先生が言ったのは、 「(指摘を受けている所は)全部先生が言っている事だったね」 との事だったそうです。   えぇ、そうで …

ピティナのこと

先週は第2楽章は表現が付き始めたかなと言う所でしたが、第3楽章も譜読みを始めて下さいとお達しが! 順調なようで何よりです♪     今週頑張れば第2楽章は3回で終わらせる事が出来る …

物凄く悲惨

ピアノレッスン録。     やばいなーとは思っていたのですよね。 実はゴールデンウィーク前、娘が練習をことごとくさぼり。。。   普段学校から帰宅してから一人で音を探るな …

先生の品格

ピアノの先生のお話です。   娘は某大手音楽教室に在籍しています。 入ったのは5歳、年中。 2年間そこの「幼児科」に属し、その科を終了した時に次のステップには進まず、その音楽教室の個人レッス …

コンペ見学

次回出る予定のコンペの見学に行って来ました。 娘はグレンツェンピアノコンクールにしか出たことがなく、従って浜離宮朝日ホールでしか弾いたことがない。 「コンペ=浜離宮」 というイコールが成り立っている娘 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。