コンペ?! 何それおいしいの?? 1から始めるピアノのコンクール 入門編

音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記! 初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。

練習記・雑記

市民ピアノリレー

投稿日:

ルネこだいらにて先日行われた「第13回市民ピアノリレー」!

参加させて頂きました♪

 

ルネこだいらの大ホールで演奏をさせて頂いたのは初めてなのですが、

よく響く大きなホールでした。

譜数の多い曲なんかはちょっと気をつけた方が良いかもしれませんね。

音が響き、よく残ります。

 

 

Sponsored Link


 

 

さて、ここで娘は初めてベーゼンドルファーを弾く機会に恵まれました(*^^*)

久元祐子 with 280VC ベーゼンドルファーで奏でるモーツァルト [ 久元祐子 ]

価格:2,677円
(2018/9/29 11:21時点)
感想(0件)

外国製のピアノは過去にベヒシュタインサロンでトライしたブルグミュラーコンクールで弾いたベヒシュタインのみ。

ずっと和製ピアノで育ってきた娘にはなかなか扱いが難しいかもしれないなと思っていました。

先日買ったクラビノーバ685にはベーゼンドルファーの音源が内臓されていたので、

直近の練習はベーゼンドルファーの音源で練習しました。

 

私(素人)の感覚で言えば、和製のピアノより上品な内包された響きの良い音のイメージ。

明らかに音が違うので、やはり外国製と和製は違うのだなと感じさせられます。

 

 

が、今回はその音の違いやベーゼンドルファー本来の持ち味、そして初めてのホールの醍醐味を楽しんでくれたら良いなと思っての気楽なエントリー。

最近コンクールに引き気味だった娘には丁度良いきっかけだったと思います。

 

 

 

だったのですが・・・・。

一個だけ大きな失態><

 

あるはずのない低音部に黒い鍵盤がある事は知っていたのですが、

私には普通のピアノとの違いはただそれだけだと思ってしまっていたんですよね。

 

で・す・が!

左端に普通には存在しない鍵盤が増える事で、いつも弾く部分の鍵盤が全体的に右寄りになる。。。

そんな当たり前の事をすっかり失念した私達親子!!!!

 

 

娘が弾き始め、オクターブ低い1音から弾き始めてしまったのです。。。。

 

「・・・・え?! 」

 

1音入れた後に間違いに気付き何事もなかったかのようにオクターブ変えて弾き始めたのですが、一瞬何が起こっているのかわからなくてびっくりしてしまいました><

 

 

聞けば娘は舞台で椅子に座って中心がいつもと違う事に気付いたらしく、極度の緊張状態では音階が右にずれてるのか左にずれてるのかわからなくてパニックになってしまったそう。

冷静に考えればわかるでしょうが、舞台の上で思っていたのと違うものが出てくるとそりゃびっくりしますよね。

 

とりあえず確率は1/2だからと深く考えずに直感を信じて左寄りに弾いてしまったそうです。

そして、まさかの弾き直し笑。

 

 

まぁ、ベーゼンドルファーならではの良い思い出ですかね・笑。

(* ´ ▽ ` *)

 

 

Sponsored Link


今回のトライはピアノの先生にも申し上げていなかった位気楽な感じだったので、先生からのアドバイスも貰っておらず、素人ママでは全く気付く事もなく、教えてあげられる人が誰も居ませんでした。

勿論本人が気付いてくれるのが一番ですけど。。。

 

 

 

 

それはそれとして。

去年から思った演奏が舞台の上で披露出来ず、悶々としていた娘。

先生からも、

「本当の意味で緊張を知る時期なんですよね」

と言われていたし、娘本人ももうすっかり気後れしてしまっていて舞台で演奏する事に乗り気にはなってくれません。

 

無理強いしても難なので、コンクールの参加等は本人の意思に任せておりますが、それでも年に数回は舞台に立つ事を止めないで欲しい。

そんな私の勝手な想いで娘を何とか説得してのこの舞台。

 

いつも通りの音を出すことがどんなに大変なことかわかっているだけに、

「自分に勝て! 」

と送り出した娘は随分堂々と戦っておりました。

 

ミスタッチは多かったけど、極度の緊張で表現の幅がなくなってしまうと言う去年の反省は乗り越えられたみたいです。

参加出来て良かったね^^

 

 

次は年末の発表会に向けて頑張ってくれたらいいなぁと思っています。

お疲れ様でした♪

 

 

-練習記・雑記
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイドンのソナタとクレメンティのソナチネ

入賞者記念コンサートが12月の中旬に終わって、全てが終了した娘。   コンサート会場で先生と、 「次はどうするか? 」 のざっとした方針の話し合いになり、とりあえず夏のピティナ以来ずっとやり …

時間との戦い

はい。 一週空いてピアノのレッスン。     まずはボロクソだったバロック。 「両手でなんとなーく弾けちゃうと弾ける気になっちゃうので、まずは片手ずつしっかりと練習してみてください …

クラビノーバが壊れた! そして修理、、、

先日買ったばかりのクラビノーバ685。 「ラ」の鍵盤の戻りが微妙に悪くなり、修理を要請いたしました。     「私の弾き方が悪かったのかな? 」 娘はしょんぼり。   い …

やりたくないなら、辞めればいいよ

今日はちょっぴり愚痴。 悶々とした気持ちを吐き出します。 苦手な方はお控えください( ´△`)       先日初めてのブルグミュラーコンクールへの挑戦を終えて、やっとコ …

正論と矛盾の間

発表会まで後2週間です。   ここ数週間、まともに娘のピアノに付き合ってませんでした。 実はこれには思惑があったんです。   娘は、基本的にいつも私任せで練習をしています。 100 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。